長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生坂村  日岐城③

日岐城第6回目は本郭周辺で最終回です。

本郭周辺も詳しく書いていきたいと思います。最後までお付き合いください。 

hkisiro.jpg


~ ⑤本郭 ~

hikisiro41.jpg

ニの郭から見た本郭。
犀川側は急斜面であることがわかる。
 


hikisiro1111.jpg

堀切②を越えて切岸を登ると本郭のこの場所に出る。


hikisiro1116.jpg

本郭にある説明板

hikisiro1119.jpg

本郭にある供養塔とされる石塔。
武田氏に攻められた時の物か、小笠原氏の時の物かは不明である。
 


hikisiro1112.jpg

自然地形もしくは削り残しの土塁と思われる高まりを見る。
近年までこの土塁上に日岐氏が明応元年(1492)に氏神として勧誘した八幡社があったという。


hikisiro54.jpg

本郭全景を見る。  

~ 本郭石積み ~

hikisiro48.jpg

hikisiro49.jpg

hikisiro50.jpg

本郭の東側壁面にはわずかながら石積みが残存している。
崩落が激しくこのままだと消滅する可能性もある。
石積みの高さが無いことから本郭壁面の土止めの為に築かれたものと思われる。 


~ 本郭南尾根 ~

hikisiro51.jpg

本郭から発生する南尾根には郭が二段ほど築かれており、犀川側からの敵に備えている。

hikisiro52.jpg

本郭から切岸を下るとこの郭に来るが、この部分を堀切としている資料もある。
写真をみると確かにわずかな窪みが見えここに堀があれば厳重な防御となるが堀と見るか郭と見るかは
中々判別が難しい所である。


hikisiro53.jpg

最下段にある郭を見る。
ここから下は急斜面となり北の番所近くへ落ちていく。


~ 西尾根堀切① ~

hikisiro55.jpg

西尾根(搦め手)へは本郭西隅にあるこの石門のような場所から下って行く。

hikisiro56.jpg

本郭から急傾斜の階段を下って行くとすぐに橋が現れる。これが堀切①である。
この西尾根は遊歩道整備の為に尾根上が削られていると思われるので堀切も浅くなっているものと思われる。


hikisiro58.jpg

hikisiro59.jpg

遊歩道整備の為に多少の改変があるものと思われる。

hikisiro60.jpg

尾根上の遊歩道は余りにも平坦すぎるのでかなりの削平を受けていることが分かる

~ 西尾根堀切② ~

hikisiro64.jpg

hikisiro62.jpg

堀切②であるが削平の為にかなり浅くなってしまっている。
整備という名の破壊が多い長野県・・・・もっと考えればいいのにもったいない。 <`ヘ´> 


hikisiro66.jpg

hikisiro67.jpg

堀切②と③の間にある元の地形を残している部分。
遊歩道整備の為に1m程度は削平されていることが分かり、この上には荒神社があったのだろう。


~ 西尾根堀切③ ~

hikisiro70.jpg

日岐城搦め手を守る一番最初の堀切であり西尾根上では最大の物である

hikisiro75.jpg

朽ちた空堀の標柱。。。。。。あるだけ良し (*^^)v 

hikisiro73.jpg

hikisiro74.jpg

現在は遊歩道の切通しのようになっているが深さは3m程であり巨大である。
これが改変されていないものであるとすれば古い時代の物ではなく新しい時代の改修であろう。
では誰であろうか?
推測するには。。。天正10年に小笠原氏に降服し日岐を安堵された日岐盛武であろう。
落城後の改修によるものだろうか?


~ 日岐城遠望 ~

hikisiro80.jpg

犀川に浮ぶ日岐城

hikisiro81.jpg

hikisiro83.jpg

国道から見る日岐城と西尾根堀切③のアップ


以上。。。日岐城関連を6回に分けてお送りしてきましたが、日岐城を理解していただけたでしょうか。

興味を持っていただけた方は、遊歩道が整備されていますので是非訪城してみて下さい。

気軽に行けるお勧めの城です。



~参考文献は第1回目に書いてありますのでそちらを見て下さい~
スポンサーサイト
  1. 2012/07/15(日) 20:11:20|
  2. 生坂村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<生坂村  日岐氏・丸山氏について① | ホーム | 生坂村  日岐城②>>

コメント

見落としていました

西尾根の大堀切は初めて見ました。
やはり城跡は隅々まで見ないといけません(汗)

日岐さん、生き残りを賭けた執念が感じられます。上杉頼みであっけなく滅亡してしまった会田さんとは違い、さすが仁科一族の血統です。
縄張図も進歩しましたネ。
小生もようやく更埴の呪縛から撤収出来そうです(笑)
  1. 2012/07/20(金) 20:40:33 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: 見落としていました

> 西尾根の大堀切は初めて見ました。
> やはり城跡は隅々まで見ないといけません(汗)
>
> 日岐さん、生き残りを賭けた執念が感じられます。上杉頼みであっけなく滅亡してしまった会田さんとは違い、さすが仁科一族の血統です。
> 縄張図も進歩しましたネ。
> 小生もようやく更埴の呪縛から撤収出来そうです(笑)


らんまるさん いつもコメントありがとうございます。
返事遅くなってすみません。
今日は、日岐大城の再訪に行ってきました。
林道の終点を目指して歩いてきました。
(林道は途中からダートになるという情報だったので・・・・)
なのに。。。。終点まで舗装されていて。。。
歩いて片道1時間かかったのに。。。。車で10分でした。
情報は新しく仕入れないと苦労しますね。
  1. 2012/07/22(日) 21:23:22 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/83-75fd1604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。