長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生坂村  日岐氏・丸山氏について①

              ~ 丸山氏について ~

今回は、丸山氏について素人ながらまとめてみました。
(素人ですので間違いがある可能性がありますのであしからず。。。(;一_一) )


中心資料としては「信濃古武士」を使用し、違う説などが書かれている資料がある場合は、注記として
最後に書くようにしています。


日岐大城城主丸山氏は、桓武平姓仁科氏で仁科盛忠の弟 盛光が文和2年(1353)頃に日岐六郷を領し丸山地籍に 
                              *①  
  
居館を構えて丸山氏を称したのが始まりとされている。

その後、丸山盛衡 ・ 盛恒 ・ 盛長と続いたが盛長に男子が無かった為、明応3年仁科明盛の二男 将監盛慶

を養子に迎えている。

明応3年は盛慶の元服の年で、妻は青柳氏から迎え、母は小笠原清宗の娘であったので、仁科宗家同様に

小笠原家旗本首班に列し、肥後守に任じられて三千貫文・九十騎の分地領主であった。
              *②
この肥後守盛慶は、明応3年に裏日岐に月松山正福寺を開基し、成就院を中興している。

降って大永元年には松本市笹賀神戸に長松寺を中興し、神戸の将監屋敷に盛慶の三男の肥後守盛直(貞清)を入れ

ている。(なお、盛直は日岐の城主として小笠原長時の為に野々宮合戦に出陣し天文21年9月12日に卒している)

盛慶の三男 筑前守政友は、高松薬師城・中野山城・小池城の城主で日岐丸山氏の家老をつとめていたが、

日岐城主で(丸山氏当主とされている)政友の弟の丹波守盛直が病の為陣代として天文18年二十騎・足軽五十人を
     *③
率いて桔梗ヶ原の戦いに参戦し、小俣(松本市笹賀)の筑前屋敷周辺に布陣し武田軍と戦ったが、武田方の

小幡孫次郎の為に打取られた。

また、政友の弟(四男?塔の原小丸山城主とされる)の将監盛古は、政友の幕下として神戸の長松寺付近に布陣

したが戦いにおいて深手を負ってしまい上鳥羽(安曇野市)の小庵で養生し、従弟の真々部尾張守に介抱されて

いたが落命している。


日岐城主で丸山氏当主の盛直は、二木豊後の四男 清蔵を養子として迎え丸山将監盛真と称した。

この将監盛真が丸山氏中興とされ、武田氏時代は本家仁科氏が武田氏に降っていたので丸山氏も従って武田氏に

降った。小笠原貞慶が梓川の金松寺に現れると盛真と子の貞政・貞広は小笠原氏の深志城回復や貞慶上洛のため

の用度調進等の功績により、貞慶の御諱名一字を天正16年に賜り、小笠原家の親族としてこの系統が日岐丸山家の

嫡流として主家小笠原家に認知されている。
      *④
なお、天正10年の小笠原氏による日岐攻めに際しては、未だ帰参に戸惑っている旧臣日岐氏の心情を察し、

丸山将監一門には軍令を発しなかった。

その後、丸山氏は小笠原氏の古河移封や飯田移封に従っている。


〈注記〉
*①・・・「信州の山城」では、日岐氏は仁科氏の分流で仁科明盛の二男 盛慶が大町から生坂谷に進出し、
日岐城主となって丸山肥後守と称した。とある。


*②・・・・「生坂村誌」には明応年間(1492~1500)に盛慶が婿に入り丸山肥後守を称し、日岐に臨済宗
成就院を建て、のち天文9年成就院を平出に移して曹洞宗の成就院としたと伝える。とある。


*③・・・桔梗ヶ原の戦いについては「塩尻市誌」では天文14年(1545)6月14日武田晴信、桔梗ヶ原において陣を進める。熊井の城自落し、小笠原の館に放火する。(高白斎記)
15日桔梗ヶ原において、勝鬨を上げ、翌16日帰陣する。(高白斎記)とあり戦いがあったとは記されていない。

「池田町誌」では、天文14年4月14日に桔梗ヶ原で小笠原軍と武田軍が小競り合いをし、武田軍は近辺の村々に
放火し、更に熊ノ井城も自落したので、桔梗ヶ原で勝鬨をあげて帰陣した。とあり「高白斎記」を参考にしている
と思われるが、月と小競り合いをしたという文が追加されている。

「武田信玄と松本平」では、桔梗ヶ原の戦いの伝説を造ったのは「甲陽軍監」であるとし、甲陽軍監の中で
天文22年5月6日信州桔梗ヶ原において、小笠原長時衆が三千騎で出てきて、武田軍と合戦をした。という記述
があるが、小笠原長時は天文21年大みそかに武田氏に深志を追われて中野市の草間に向かっており、以後信州には
帰ってこなかったし、勢力的に見てもこの年に三千騎を動かすことは出来なかったはずで、したがって、この年に
武田方の支配するところであった桔梗ヶ原で合戦することはあり得ない。とある。

この三つの資料の違いは、年月・甲陽軍監と高白斎記との参考資料の差・合戦があったか無かったの差である。
素人なので発言は控えるが参考として挙げておく。


*④・・・・小笠原氏の日岐攻めの頃には丸山氏は現在の安曇野市
吉野に居たようである。(日岐攻め後に日岐盛武に小笠原氏は押野・日岐一跡・大穴等都合二百三十貫を宛行われ
丸山盛真の子 丹波守政勝の居館である吉野に新たな本領を給される(笠系大成・二木家記など)とあり吉野の
居館に丸山氏が居たことがわかる。



~ 丸山氏関連史跡 ~

♦ 正福寺跡 ♦

seifukugi1.jpg

seifukuzi3.jpg

丸山盛慶が開基したとされる正福寺跡の標柱と説明板

syoufukuzi10.jpg

寺跡の入り口にある結界石

seifukuzi4.jpg

正福寺跡
(殿屋敷の上の台地にあり広大な平場である。かつては日岐城の大手道に面していたので戦時は居館と城の
中間の砦の役割も担っていたのであろう。現在は栗が栽培されていてのどかである)
 


seifukuzi5.jpg

seifukuzi6.jpg

正福寺歴代住職の墓
歴代住職の墓の中には戒名に正福寺の字が入っているものも見られる。
 


♦ 成就院 ♦

seisyuuinn1.jpg

seisyuuinn3.jpg

丸山盛慶の中興開基とされる池田町平出にある成就院

seisyuuinn4.jpg

寺にある寺の沿革の書いてある看板

seisyuuinn6.jpg

裏山にある歴代住職の墓所
成就院は山城探訪によると平出城という城跡であるとされている。
この墓所の裏の山は水上遺跡であるという。


以上、丸山氏について書いてきましたがいかがでしたでしょうか?
資料によって書いてあることが微妙に違う為中々まとめきれませんでしたがお許しください。
次回は、日岐氏について書いていきたいと思います。
お楽しみに!

~参考文献~

生坂村誌      (生坂村誌刊行会    平成9年)

信濃古武士     (丸山 楽雲      平成21年)

池田町誌      (池田町誌編纂委員会  平成4年)

信州の山城     (信濃史学会     1993年)

武田信玄と松本平  (笹本 正冶     2008年)

塩尻市誌 別冊   (塩尻市       平成7年)

池田町の遺跡    (池田町教育委員会  1994年)
スポンサーサイト
  1. 2012/07/15(日) 21:24:54|
  2. 信濃の武将
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<生坂村  日岐氏・丸山氏について② | ホーム | 生坂村  日岐城③>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/07/22(日) 22:56:46 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

見せていただきました。ありがとうございます。
私の家の文書によると、私の先祖筑前守は、天文18.4.13に討死し、婦人と子息五兵衛は当地に逃げ延びた、となっております。
もっと詳しくわかりましたら教えてください。
  1. 2012/10/12(金) 21:13:22 |
  2. URL |
  3. 丸山守夫 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 丸山さんへ

> 初めまして。。。。こんな無名なブログを見ていただきありがとうございます。
>
> 私も丸山氏にについてはあまり詳しくはありませんが、「信州の山城」(信濃史学会編)
> 「信濃古武士」(丸山楽雲著)を参考にしております。
>
> ご先祖の筑前守とは、政友のことかと思いますが、政友の討死の日については両方の資料とも、
> 天文18年4月22日となっておりこの討死日を書いている出典として、「甲陽軍監」「安志藩政資料」
> 「丸山丹下著五公伝」「丸山系図」「長松寺伝」「松本市誌」等を参考にしているようです。
>
> 筑前守の法名は、「陽徳院殿涼月玄性大禅定門」とされています。
>
> その他として「信濃古武士」によると、筑前守政友の子は盛次(盛教か?)とされ、武田氏により日岐の地の領地は安堵され、武田氏に仕え信玄に対して配下の武将が出した生島足島神社(上田市)神前起請文に盛次の
> 名が見られます。その子は日岐盛武とされ、武田氏滅亡後、小笠原氏と争ったが天正11年に帰参して、
> 小笠原氏の配下となっています。
>
> 筑前守の関係遺跡として、生坂の中野山城・小池城・薬師城、松本市小俣の筑前屋敷が伝えられています。
>
> 丸山氏発祥の地とされる生坂村の丸山地籍(ブログに書きましたが)に行ってきましたが、歴史ある地が
> 荒れて行くのを悲しく感じました。歴史ある場所・伝承は残していきたいものですね。
>
> この程度しかわかりませんが答えになったでしょうか?
> これ以外に伝承や古文書があると思いますのでこれが本当とは断定できませんが参考になれば幸いです。
> ご先祖が有名な方とはうらやましい限りです。
> これからもよろしくお願いします。最後にコメントありがとうございました。
  1. 2012/10/14(日) 03:01:09 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/84-a4af6d1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。