長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生坂村  入地の大たて

所在地・・・・生坂村下生坂入地                        訪城時間・・・・0分

危険度・・・・★☆☆☆☆                            訪城目印・・・・入地集落内



               ~館跡の歴史~

「生坂村誌」によると、

下生坂入地の畑地・原野(50m×50m)であるが居館跡は不明である。

畑の上端に矢竹が群生し周囲にタテ・西タテ・竹ノ下・狐ヤ・上方に大手坂・郷土クボ・ノゾキト・ノゾキ下

などの地名がある。

タテは自然地形で、居館は麻績方面へ行く旧道端の竹ノ下・横マクリの位置が適している。

桐沢を通って大岡方面へ登る者や、麻績川沿いに坂北方面へ行く者を監視した武士の館であろう。

丸山益信氏は猿が城城主の居館であろうと記している。とある。


               ~ 大たての現状 ~

ootate.jpg

この込地の集落の地図(一応縄張り図?)を見ながら説明します。
この居館は、遺構・伝承等は無く地名のみでの居館説ですので、推定居館跡です。


ootate1.jpg

国道から麻績川を渡り最初に見えるのがこの丸山氏が住む「西家」である。
この集落の屋号「西家」「北家」「中家」「イタヤ」のある家はみんな丸山家であり、
日岐の丸山氏の関係をうかがわせる。


ootate3.jpg

写真の右側の籔(矢竹の籔)は「中家」の丸山氏の屋敷で現在は廃墟となっていて荒れている。

ooatate16.jpg

 「北家」周辺にある畑などの平坦地・・・・・現状、込地は過疎化が進み廃墟や耕作放棄地が増えている。 

ooatate12.jpg

「イタヤ」「上手」お屋号の丸山本家を見る。
左の細い道が古道で旧大岡村へ通じていたという。


ootate10.jpg

ootate22.jpg

旧古道を挟んで東側に丸山本家(写真上)と西側に「たて」の字(写真下)があり
このあたりが居館の候補地となっている。
このように、居館の遺構は確認出来ないものの古道の存在や「たて」の地名などこの地の重要性や
居館をうかがわせる地名の存在・また、集落の丸山氏の存在が居館跡の根拠となっていると思われる。



多くの推定としては、昔は山清路は通行が出来なかった為に、雲根峠(猿が城が守る)を越えて入山の谷(遠見・殿屋敷の地名)を通ってこの込地の古道を越えて大岡・長野方面に多くの人が通行していてその通行の地の要害である込地に丸山氏の一族などの重鎮を配置して猿が城・大たてを守らせていたのではないだろうか。
というものである。

ただ最初にも書いた通り、遺構・伝承がないので推定の域はでない。



~ 諏訪神社 ~

(関係ないけど、過疎化の為に今後、荒れそうなので現状を記しておく)

ootate2.jpg

ootate4.jpg

諏訪神社の西側にある大日堂である。
説明板にあるように荒廃したので現在地に移されたとあるが、現状も荒廃が進んでいる。
説明板を新しくする前に大日堂をきれいにすればいいのにな~。。。


ooatate5.jpg

ooatet6.jpg

過疎化は進んでいて祭りも行われなくなってしまったようである。

ootate8.jpg

使われなくなった舞台・・・・
周辺は老人しかいなかったし・・・廃れていくのかな。。。  


ooate9.jpg

ooatet15.jpg

境内はまだきれいでした。
城跡に行くと廃村や忘れられた石仏をよく見る。
この込路の集落がそうならないようにこれからも頑張っていただきたい。
と願ってやまない。 



ootate7.jpg

国道から見た大たての遠望

~参考文献~

生坂村誌  (生坂村誌刊行会    平成9年) 

山城探訪  (宮坂 武男      平成10年)
 
スポンサーサイト
  1. 2012/07/20(金) 04:37:50|
  2. 生坂村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<生坂村  日岐大城① | ホーム | 生坂村  日岐氏・丸山氏について②>>

コメント

極めると廃村でしょうか

いやいや、ここまで取り憑かれると心配になりますなあー(笑)
「長野県の廃村を求めて」っていうのもありでしょうか。その探究心には敬服致します。

高地性集落とはよくいわれますが、その集落の荒廃と過疎化ぶりには目を覆うばかりの現状ですね。
先祖代々の田畑を守り自然と共にひっそりと生き、そして土に還る・・・。自分も含めて文明の進化と引き換えに大切なものを失っていくのです。
失われていく村の歴史を誰かが伝えて遺していく事が私たちに出来る唯一の使命かもしれません。
  1. 2012/07/26(木) 20:17:50 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: 極めると廃村でしょうか

> いやいや、ここまで取り憑かれると心配になりますなあー(笑)
> 「長野県の廃村を求めて」っていうのもありでしょうか。その探究心には敬服致します。
>
> 高地性集落とはよくいわれますが、その集落の荒廃と過疎化ぶりには目を覆うばかりの現状ですね。
> 先祖代々の田畑を守り自然と共にひっそりと生き、そして土に還る・・・。自分も含めて文明の進化と引き換えに大切なものを失っていくのです。
> 失われていく村の歴史を誰かが伝えて遺していく事が私たちに出来る唯一の使命かもしれません。


らんまるさん いつもコメントありがとうございます。
いつも城跡を探していると思うのですが・・・・・
この廃村に人が住んでいてくれたらこんな苦労しないで行きつくのに・・・
って・・・村が失われると伝承も失われる。。。。恐ろしいことです。
早く色々な城跡を探し出さねば。
  1. 2012/07/26(木) 21:30:17 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/07/27(金) 07:21:30 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/07/28(土) 16:49:21 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/86-aa037cf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。