長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生坂村  日岐大城②

日岐大城第2回目は。。。。城の中心部です。 

といっても大城は自然地形が最大の防御のため、加工が少ないので紹介も難しいのですが。。。。。
最後までお付き合いください。


hikioosiro.jpg

なぜか。。。城の名前が。。。入ってないな~。
っていう程度のなんちゃて縄張り図でご案内します。


~ ①三の郭下の段郭 ~

oosiro81.jpg

oosiro83.jpg

物見岩から尾根上を歩いて行くと城内に入る直前に急な斜面となる。
その斜面を登りきると、三の郭になるが、登りきった尾根脇(東側斜面)に明らかに人の手が入った
と思われる段郭が見られる。
この郭は、三の郭への虎口を防衛するためのものと思われ、急斜面と郭とで防衛力を高めていたのであろう。 
 


~ ②三の郭 ~

oosiro27.jpg

三の郭への急斜面から三の郭を見る。
この写真の左側が①の段郭がある場所になる。


oosiro28.jpg

三の郭虎口状遺構を見る。。。。ただの登山道によるものの可能性のほうが高いけど。。。
載せてみました。


oosiro31.jpg

oosiro32.jpg

oosiro29.jpg

この三の郭とされる平地は、この城では最大の広さではあるが、削平がされていなくおおむね自然のままである。
また、この三の郭とニの郭は他の城と違い、堀切などの明らかに別の郭として区別するというような構築物が無く
この郭が落ちれば楽にニの郭へ入れてしまうという、防御意識がうかがえない場所でもある。
 


~ ③ニの郭 ~ 

oosiro35.jpg

oosiro34.jpg

これは三の郭と二の郭の間にある尾根上の遺構?である。
先ほど書いたように二の郭と三の郭の間には通常あるはずの堀切が無い、その為、防御をどうしていたのか
という疑問が残る。
この写真を見ると、尾根の半分に土塁状に地山を残して通路を造り、通路を狭めて防御性を上げていた。。。
と位置的に考えたいが、ただの登山道による改変とも見える。
郭と郭の間に何も無かったなんてあり得るのであろうか?あなたならどう思いますか?
  


oosiro39.jpg

二の郭で奥の斜面(切岸)が本郭である。 

oosiro40.jpg

二の郭は、細長く縄張り図にあるように狭いものである。。。。。ただ。。。 

oosiro189.jpg

この郭の特徴として縄張り図にも書いたように土塁状の土盛りが存在することである。
土盛りは登山道と郭を間仕切りするように造られていて通路から郭内を見えないようにしていた可能性もある。
郭を狭くしてまで造ったこの土盛りの意図を推測するならば。。。。。
この山の上に造られた城の最大の弱点である水場の存在である。
この城唯一の水場はこれから紹介する④の場所のさらに下に存在するとされている。(未確認)
これを隠す意図がありこの土塁は造られたのではないだろうか。
あくまで素人の推測にすぎませんが。。。 (-_-;) 
 


~ ④二の郭・本郭下にある段郭 ~ 

oosiro43.jpg

二の郭から見下ろした段郭。 

oosiro45.jpg

oosiro47.jpg

二の郭直下にある段郭でこの斜面を下って行くにつれ郭は小さくなっていく。 

oosiro46.jpg

この段郭がある斜面は沢状になって下っていて、この斜面の下には城内唯一の井戸があるとされている。
(まだ確認した人を知らないが・・・・下りていく勇気が・・・無くて・・ (;一_一) )
写真の奥(斜面の下の方)のはるか下に小さい郭が見えるのがわかりますか?
 


日はここまで。。。。。いつもながら終わり方が中途半端ですが。。。。
説明力が無いと写真が多くなっちゃってね。。。。。スミマセン (>_<)

次回は・・・・・本郭と京ヶ倉をお伝えしたいと思いますので、お楽しみに!
 
スポンサーサイト
  1. 2012/07/29(日) 23:34:51|
  2. 生坂村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<生坂村  日岐大城③ | ホーム | 生坂村  日岐大城①>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/08/01(水) 05:39:16 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

進化してますね

縄張図、だいぶ進化してきましたねえ。
書き慣れると面白くなるのですが、元になる地形図をどこからかっぱらって来て加工するのか・・悩ましいところです(笑)
日岐大城での籠城戦は大変だったと思います。ゲリラ戦に精通していないと無理でしょうね。
小生なら無視して先へ進みますが・・・・(爆)
  1. 2012/08/01(水) 07:36:04 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> え~・いいところで終わりにして~ その写真の奥が気になるじゃないか~ 引っ張りますねぇ金さん ブー


いつもありがとうございます。
引っ張ってるんじゃなくて。。。写真が多すぎて
書ききれないんです!
ゆっくり読んでね>
  1. 2012/08/01(水) 10:29:05 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

Re: 進化してますね

> 縄張図、だいぶ進化してきましたねえ。
> 書き慣れると面白くなるのですが、元になる地形図をどこからかっぱらって来て加工するのか・・悩ましいところです(笑)
> 日岐大城での籠城戦は大変だったと思います。ゲリラ戦に精通していないと無理でしょうね。
> 小生なら無視して先へ進みますが・・・・(爆)


らんまるさん  いつもコメントありがとうございます。
縄張り図。。。。地図どうしましょ。
まだよくわかってませんので。。。
日岐大城ですが自分も絶対無視しますね。
でも戦国時代は、清内路は通れず、眠峠かはぎの尾峠を通るしかなかった
ようなので、大城を落としておかないと後ろから襲われる恐れがあったのでしょうね。
小笠原さんも長野方面に出る為には、どうしても降服させるか落城しか
方法がなかったのでしょう。(推測ですが。。。 )
丸山の記事かかれました?
  1. 2012/08/01(水) 10:35:49 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/88-62162040
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。