長野県の歴史を探し求めて

長野県内にある城跡・石造物などを探し求めそれらを紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

池田町  白駒城②

白熊???? 
じゃなくて。。。白駒城の第2回目を始めたいと思います。


sirokomasiro.jpg


本郭周辺

sirokomasiro62.jpg

sirokomasiro78.jpg

本郭の斜面②側には、腰郭が1~2段築かれている

sirokomasiro77.jpg

腰郭の間には、このような虎口を思わせる窪みが見られる。
「池田町誌」の白駒城実測図にはここを「大手」と記載されている。


 ② 馬場

sirokomasiro15.jpg

本郭下には、馬場と称されている細尾根に囲まれる窪地がある

sirokomasiro16.jpg

本郭の高まりと小山のような高まりに挟まれて昼間なのに薄暗い場所である。
ここは馬場跡と伝承されているようであるが、馬を走らせるほど広い場所ではないので、小屋掛け場所か厩などが
あったのではないだろうか。


sirokomasiro18.jpg

この高まりがあまりにも薄っぺらいのでもしかしたら、この小山と本郭の高まりは築城以前は一つの山で
城を築くにあったって造成した可能性は。。。。。。無いかな?


sirokomasiro31.jpg

図を見てもらえば分かるが、②の馬場跡には端の方に写真のような堀?虎口?とも見える窪みがある。
本郭の虎口状の窪みとこの窪みの位置関係を見るとここがこの城の大手と見ることが出来るのではないだろうか?
(この窪みを下って行くと登波離橋方面になり、確か日岐氏と小笠原氏との戦いの時に登波離橋で戦いが行われた記事があったのでその可能性も捨てきれないのでは。。。。?)
町誌の実測図にはここから道が出ていることが記載されている。


 ③堀2 

sirokomasiro33.jpg

馬場跡とされる郭の裏にある小山から続く尾根には二本の堀切状の窪地が確認出来る。
ここが一本目であるが上幅が広くこれを堀切と見てよいのか、ただの尾根の窪みと見るのか迷う所であるが
ここに堀切は欲しい所ではある。


sirokomasiro41.jpg

二本目は、尾根の上では窪みが確認出来ないが、側面に写真のような窪みが見られる。
これら二本の窪みを堀切が欲しい場所にあるからこれは堀切だと断定して良いのか素人には判断できない所である。


sirokomasiro36.jpg

その先は、尾根がダラダラと続いて先端部が少し高まりとなって終わっている。
この高まりが物見台であったことも考えられる。


 ④郭? 

sirokomasiro20.jpg

この現在きれいに整備され公園のようになっている場所である。
この部分には「池田町誌」の白駒城実測図の図面に「馬入」「馬道」の記載と共に郭として記載されている。


 ⑤外郭 

sirokomasiro1.jpg

堀①の尾根を車道に分断された尾根先に外郭⑤がある。
外郭とはあるがここが城域であるのならば、城の中で一番尾根の先端にあるので出丸のような存在であったはず
である。


sirokomasiro0.jpg

小高い頂上には、白駒城二の丸の標柱がたっている。。。。?  二の丸って。。?だだ側面には狼煙台とある。

sirokomasiro5.jpg

ほぼ自然地形であり明確な城郭遺構は見られない。
資料によっては堀切があるとの記載があるものがあるが確認は出来なかった


sirokomasiro10.jpg

sirokomasiro2.jpg

周囲には、窪みや平場のようなものも見られるが。。。。。自身をもって遺構だとは。。。。言えないな~。

sirokomasiro 8

この部分はのろし山と言われているようなので往古はそのような伝承があったのであろう。

sirokomasiro3.jpg

白駒城遠望

池田町内の城跡の中では、伝承・口碑が残っているほうなので大切にしたい城跡である。



PS;池田町誌には、白熊城と白駒城は同じ城とされ紹介されていますが、信濃池田町史話には、別の城として紹介されています。

所在地としては、「筑摩安曇古城開基」では、池田村となっており、「白熊の城という是は池田殿の家臣白熊左衛

門尉勝盛の居城なり」とあり、「北安曇郡誌」では渋田見が所在地となっていて「小笠原の臣 岩波新左衛門

二百五十間十三騎の将としてこれに拠る」とある。

一応、気になったので追記しておく。



~参考文献~

生坂村誌     (生坂村誌刊行会    平成9年)

池田町誌     (池田町誌編纂委員会  平成4年)

池田町の遺跡   (池田町教育委員会   1994年)

信濃池田町史話  (仁科 宗一郎     昭和39年)

山城探訪     (宮坂 武男      平成10年
 
スポンサーサイト
  1. 2012/08/11(土) 04:34:41|
  2. 池田町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<池田町  長者ヶ池屋敷 | ホーム | 池田町  白駒城①>>

コメント

日岐城の物見っぽいっスねえ~

立地から見ると日岐城の物見砦だったように思われますなあー。
それにしても城跡の扱われ方を見ると池田町の教育委員会は生坂村に比べると格段に劣る(笑)
せめて散乱している材木ぐらい片付けて欲しいなあー(爆)

全然関係ないのですが白馬村の佐野城ってヤバイところにありますねえ。遭難必死の誘惑に負けそうでございます(笑)
  1. 2012/08/15(水) 08:36:31 |
  2. URL |
  3. らんまる #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/08/15(水) 14:45:49 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: 日岐城の物見っぽいっスねえ~

> 立地から見ると日岐城の物見砦だったように思われますなあー。
> それにしても城跡の扱われ方を見ると池田町の教育委員会は生坂村に比べると格段に劣る(笑)
> せめて散乱している材木ぐらい片付けて欲しいなあー(爆)
>
> 全然関係ないのですが白馬村の佐野城ってヤバイところにありますねえ。遭難必死の誘惑に負けそうでございます(笑)


らんまるさん いつもコメントありがとうございます。
池田町の城跡はあと鵜山城で終わりなんですが、こんなに回っているのに
田ノ入城と白駒城くらいしか城跡を示すものがありませんでした。
池田町はほんとに文化財保護には奥手のようです。

佐野城確かにやばそうですね。。。。しか~し、
行かねばならぬ勝つまでは!
頑張りましょうね。
  1. 2012/08/15(水) 16:52:46 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 白熊がいたら金熊さんも勝てませんね~
>
> 金熊さん山歩きのプロなので豊科カントリーに芝刈りにいけますね
>
> 実際ゴルフ場で城跡がなくなっているのですかね?


コメントいつもありがとうございます。
ゴルフ場による城跡の破壊は県内ではないと思いますが、
他県ではかなりありますよ。
ゴルフ場の真ん中に城跡があったりね。
ゴルフ場ってそんなに必要なものなのか疑問ですがね。
  1. 2012/08/15(水) 16:55:38 |
  2. URL |
  3. ていぴす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osirozuki.blog.fc2.com/tb.php/97-aeb0c75c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ていぴす

Author:ていぴす
見に来ていただきありがとうございます。
現在の長野県内城跡訪城数は   814城です。

少しずつ増やしていきますのでお楽しみに!
写真にはこだわっていきます!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
初めまして (1)
信濃の武将 (11)
松本市 (47)
安曇野市 (33)
塩尻市 (15)
筑北村 (5)
生坂村 (36)
池田町 (18)
箕輪町 (13)
伊那市 (7)
辰野町 (2)
下諏訪町 (9)
諏訪市 (1)
中川村 (3)
駒ケ根市 (6)
ニュース (4)
廃村 (1)
伝説 (2)
本日の訪城 (14)
飯島町 (1)
武将の墓地 (4)
松川村 (3)
千曲市 (1)
南箕輪村 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。